弁護士になるには

弁護士は生活する中で発生する様々なトラブルに対して、法的手段をとらなければいけなくなったときに、当事者の代理人として処理を行ったり、事件の被告人となった人の裁判において弁護人として被告人の代わりに主張や弁護を行う人のことです。
法律のプロであり、法律の観点からどのように行動すればよいかなどのアドバイスをしてくれます。
では弁護士になるにはどうすればよいのでしょうか。


弁護士になるにはたくさんの法律を勉強しなければならないのは当然のことですが、同時に弁護士の仕事は依頼人を守ったり、困っている人を助ける大切な仕事であり、客観的に事実を証明することができる証拠などを集めたり、それらの証拠を元に真実を見出さなくてはならず、そのためには社会や歴史、国内外様々なことに関して広い知識が必要な仕事です。
弁護士になるために必要な司法試験を受けるには法科大学院に行くか、予備試験に合格する必要があります。


大学で法学を専攻した人は法科大学院を2年、それ以外の選考だった場合は3年通わなければいけません。
中学校や高校、大学を卒業後法科大学院には行かずに自分で勉強をして予備試験を受けることもできます。
法科大学院を修了後、または予備試験に合格後、司法試験を受けることができるようになり、司法試験は5年以内に3回まで受験することが可能です。
司法試験に合格すると司法修習と呼ばれる研修期間が1年間あります。
司法修習後の考課で合格することで弁護士・裁判官・検察官になることができます。


Copyright © 2014 弁護士の仕事 All Rights Reserved.